2019年07月15日

cPanel値上げ! ホスティング産業の破壊者になったcPanel

この事態に気付いたきっかけは、リセラーホスティングを契約しているHostmantisからのメールだった。

まずは、そのメールの日本語訳をお読みいただきたい。
なお、日本語訳は機械翻訳である。変な日本語が多々混じっていることをご承知おき願いたい。

07/02/2019 (16:34) Important Announcement Regarding Recent cPanel Price Increase

最近のcPanel値上げに関する重要なお知らせ
HostMantis
こんにちは、

これは、当社のサービス提供における重要な変更を説明するための通知です。

当社のコントロールパネルソフトウェアベンダー(cPanel)からの価格の最近の突然のそして極端な極端な増加のためにそして私達の端で多くの考察の後で、私達は私達の一般的なサービスの提供とプロモーション


なぜこれが私に影響を与えるのですか?


以下は、cPanelのコスト増加の例です(注:これは、cPanelライセンスの専用サーバーあたりのホストコストです)。

専用サーバーあたりの以前のcPanelライセンスコスト:


サーバー上の無制限のcPanelアカウントのサーバーあたり月額45ドル。

これにより、サーバーごとに責任を持って追加できる1サーバーあたりのcPanelアカウントを再販することができました。

専用サーバーあたりの新しいcPanelライセンスコスト:


100 cPanelアカウントの場合、サーバーあたり月額45ドル、サーバー上の追加cPanelアカウントにつき0.20ドル。

この新しいコストにより、ホストがサーバーに追加できるcPanelアカウントの数が大幅に削減され、費用対効果を維持することができます。通常、ホストがホストできるアカウントが多いほど、収益が高くなります。それはもはや新しい価格設定の場合ではありません。注:サーバーあたりのcPanelアカウントの合計数には、リセラーによって作成されたアカウントも含まれるため、アカウントの合計数はすぐに大きくなる可能性があります。

何が変わりますか?

リセラーアカウントの価格は変わりませんが、リセラーアカウントが作成できるcPanelアカウントのデフォルトの金額は以下のようになります。

販売代理店のエントリ - 10 cPanelアカウント
リセラースターター - 20 cPanelアカウント
Reseller Advanced - 30 cPanelアカウント
販売代理店エキスパート - 50 cPanelアカウント

リセラーは、自分のリセラーアカウントに対して追加のcPanelアカウントクレジットを以下の料金で購入することができます。


2ドル/月 - 10個の追加cPanelアカウントクレジット
10ドル/月 - 50の追加cPanelアカウントクレジット
20ドル/月 - 100個の追加cPanelアカウントクレジット


この変更は、新規および現在のリセラープラン/アカウントに対してただちに有効になります。


今後数日以内に、リセラーアカウントの監査を実行し、リセラーが所有するサブアカウントの金額を計算し、それに応じてアカウントの請求額を調整/更新します。その時点で、代理店は、割り当てられた計画限度を超えて、cPanelアカウントのcPanelアカウントクレジットに対して請求されます。

リセラーは、リセラーアカウントが所有するサブアカウントの数を減らすために、未使用または一時停止のアカウントを解約することができます。

プロモーションコードはどうですか?

残念ながら、この変更の前に使用されていたプロモーションコードはすべて、現在の請求期間が現在のレートで終了するまでしか認められません。アカウントの現在の請求サイクルが終了すると、定期料金は25%引きになります。

今後、私たちがリリースするすべてのプロモーションコードは新しい価格体系とよりインラインになりますが、それでも非常に競争力のある割引を提供します。

この変更はコストが非常に高くなる可能性があることを認識しており、心からお詫び申し上げますが、cPanelの新しい料金では、当社がサービスを現状のまま継続することは死刑宣告となります。新しい構造で、それは私達が私達の主要なウェブホスティングコントロールパネルとしてcPanelを提供し続け、そして非常に競争力のある料金を提供しながら私達の顧客に同じ信頼できるサービスを提供することを保証します。

また、現在、DirectAdmin(cPanelほど機能豊富ではない別のコントロールパネル)を再販業者向けの安価な代替手段としてテストしています。私たちは現在ETAを持っていません、しかし、もし我々がさらなる代替としてDirectAdminで進むことを決心するならば、そのサービスオプションが準備ができて利用可能になったら通知を送ります。

私たちはまた、何かを返すことなしにこの変更を行うことはできないと感じているので、2つの新しい機能を発表できてうれしいです。


1.リモートSSHアクセス

ボーナスとして、Linux / cPanelのすべてのホスティングプランでリモートSSHアクセスを許可しています。

リモートSSHアクセスの詳細については、

https://my.hostmantis.com/knowledgebase/281/Does-HostMantis-allow-SSH-access.html

2.再販業者の制限

デフォルトのシステムリソース量を受け取るリセラーサブアカウントの代わりに(デフォルトはエントリプランのシステムリソース制限と同じです)、リセラーは独自のクライアントアカウントのシステムリソース(CPU)を設定/変更する代わりにリセラー制限を使用するオプションがあります。 / RAM /エントリプロセス/ IOなど)。その後、リセラーのシステムリソース制限全体がクライアントアカウントと共有され、各アカウントに使用する特定のシステムリソースを選択します。

販売代理店の制限の詳細については:

https://my.hostmantis.com/knowledgebase/282/Reseller-Limits.html

最後に、私達はこの変化についての彼らの忍耐と理解のために私達の顧客に心から感謝するために少し時間をかけたいです。私達はまた私達にこれらすべての年で立ち往生している人たちにも感謝したいと思います


--- https://my.hostmantis.com/knowledgebase/281/Does-HostMantis-allow-SSH-access.html
Does HostMantis allow SSH access?

Remote SSH access is not enabled by default on our shared/reseller plans, but you can now request remote SSH access by simply contacting our Support department!


--- https://my.hostmantis.com/knowledgebase/282/Reseller-Limits.html
販売代理店の制限

Reseller LimitsはCloudLinuxの新機能であり、各アカウントがデフォルトの制限を受け取るのではなく、LVEマネージャを介して各アカウントにシステムリソースの制限を自分で割り当てることができます(デフォルトの制限はEntryホスティングプランと同じです)。

リセラーアカウントの全体的なシステムリソース制限は、その後、すべてのアカウント間で共有されます。

注:再販業者制限はオプションであり、要求によってのみです。

リセラーアカウントでリセラーリミットを使用するには、弊社のサポート部門にチケットを送信して、リセラーアカウントに対してリセラーリミットを有効にするように要求してください。

--- 07/06/2019 (12:49) Update to Recent Changes
最近の変更を更新
HostMantis
こんにちは、

最近、cPanelの最近の価格設定の増加に対応して新しい料金体系を発表しました。リセラーからの多くのフィードバックを受けて、デフォルトのcPanelアカウント作成制限額の変更が大きすぎることに気付きました。

したがって、リセラープランの価値を高め、リセラーにとって費用対効果の高いものにするために、デフォルトのcPanelアカウント制限は次のようになりました。

販売代理店のエントリ - 10 cPanelアカウント
リセラースターター - 30 cPanelアカウント
Reseller Advanced - 50 cPanelアカウント
販売代理店エキスパート - 100 cPanelアカウント

追加のcPanelアカウントクレジットも、購入のために当社のクライアント領域から利用可能です。

この変更は現在および新規のお客様に直ちに有効になります。

ご質問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

--- WHMにログインしてみた。
Number of Accounts 1 / 75
と表示される。
契約時点では75 30 cPanelの契約だった。
変わってない・・・。

・・・。
変わってないのはいいことだが、それはともかく、今後の計画を大幅に縮小しなければならない。

この時点でもまだ、自体がのみこめていなかった。

--- 追加調査「cPanel Price Increase」で検索
一番上に有料広告、
Professional
cPanel & WHM Migration Service
$0.99/account

商魂たくましいと言うか、素早い対応。商売ってのは、このくらいじゃないとね。

https://www.theregister.co.uk/2019/06/28/cpanel_price_hikes/
cPanelが最も密度の高い顧客の価格上昇を最大限に引き出す
ええ - 最近はハードウェアのほうが優れているので、さらに料金を請求する必要があります。 もっと、もっと...
Richard Speed著2019年6月28日16:52

cPanelは、サービスの価格引き上げにより顧客に爆弾を投下し、ドアに出口のマークが付けられた。

ウェブサイトとサーバーの管理を簡素化することを目的としたインターフェースを専門とする同社は、警告なしで値上げ( https://cpanel.net/wp-content/themes/cPbase/assets/downloads/cP_Store_Licensing_Guide.pdf )を発表した。ライセンスは今すぐ購入または更新され、月額ライセンスは9月1日まで古い構造を続けた。

年間ライセンスは、そのchopのためのものでもあり、更新の際には毎月の請求に変換されます。

cPanel Soloは月額15ドル、cPanelとWHM VPSは月額20ドル(または年額200ドル)、またはより大規模なWebホストを対象とした専用バージョンは月額45ドルまたは425ドルの3つのグループで構成されています。年。

階層はAdmin、Pro、Premierに変更されました(それぞれ月20ドル、30ドル、45ドル) - そしてこれが本当に顧客を怒らせるものです - アカウント制限が適用されました。 最上位のプレミアは100アカウントに制限されています。 追加のアカウントには、毎月0.20ドルの追加料金が必要になります。

「歴史的に、cPanelは無制限のcPanelアカウントを持つVPSまたは専用ライセンスに基づいてサービスと価格設定を行ってきました」と述べ、最新のライセンスガイドの変更を説明したが、ハードウェアの改善は価格構造を変える必要があることを意味する。

あー、そう。

同社は「cPanelアカウントの密度が低い顧客」にはメリットがあると主張しているが、密度が高い顧客にはステッカーの衝撃がある。

そして良さ、それらの顧客がどのように叫んできたか。 1つのホスティングプロバイダ、SonicFastは、変更がそれが請求されるであろう金額の800パーセントの増加を意味すると不満を言いました。

@ cPanelから800%以上の値上げのため、 DirectAdminへの移行を大幅に低コストで検討しています。
明日の更新はあとに続くでしょう。
cPanelが不均衡な価格上昇を再考することを願っています。
- SonicFast(@ SonicFast9) 2019年6月27日

他の顧客は単に寒さ、激しい現金でのハイキングの影響を示す裸の数字を公表した 。 それはすべて少し魅力的です。

価格の上昇を川下の顧客に渡すことは、競争の激しいホスティング市場で少し勇気があります。 一部の人にとっては、他の場所を見る方が簡単です。

イギリスに本拠を置くあるホスティングプロバイダは、残念な状況がすべて解決されるまで、それ以上ライセンスを発行することにブレーキをかけただけでした。

私たちは直ちに有効になる新しい@cPanelライセンスの発行をやめました。 彼らは私達と私達の顧客に(元々のEメールで)200%以上の増額を加えるのか、(私たちのmanage2ポータルの通知なしで更新されるように)私達に追加の時間を与えるのか…
- INIZ.COM(@inizcom) 2019年6月27日

1997年に設立され、昨年Oakley Capital (PleskとSolusVMも所有するグループ)( snapped up by Oakley Capital : https://www.newswire.com/news/oakley-capital-to-invest-in-cpanel-20609249 )によって設立された同社は、現在「顧客、業界、そして従業員のためのチャンピオン」というスローガンを楽しんでいます。 「そして私たちの投資家」をまだ追加していません。

それはおそらくそのウェブサイトを機能させることができない - それは価格変更が発表されて以来、当然のことながら、それは容赦ないDDoS攻撃を受けている。

cPanelは、73カ国以上で、cPanelとWHMを使用してサーバー上で起動した7000万を超えるドメインに主張を出しています。 また、従業員を「cpeeps」と呼びます。

その顧客は最近の出来事に照らして彼らのために異なる名前を持つかもしれません。

ハイキングの理由を知るためにcPanelに連絡しましたが、まだ連絡がありません。

(上記へのコメントで面白いやつ)
・Cuz彼らは彼らが手に入れようとしている不潔な光のすべてのそれらの太ったスタックを数える方法を計画することにあまりにも忙しいです。

・賢者への警告としてそれを取る...
あらゆる種類のサービスプロバイダは、価格引き下げオプションが使い尽くされた後、および/または市場支配の基準を達成した後に、値上げによって利益を増やすことを目指します。

・再:それはまた、その従業員を「cpeeps」と呼んでいます。
きらめくアニマトロニクスの歌う白いロボット/マウスのような生き物が古代ローマやアメリカの旧西部の移民として踊り、転向している楽しいディズニーミュージカル、50%同性愛者、20%中国人、そして10%黒人で、お針子と戦士の王女としての女の子。

・再:それはまた、その従業員を「cpeeps」と呼んでいます。
私はそれをゾッと読む!

「cPanel値上げ」(要は日本語)で検索
さすがだ・・・。
日本ではまったく問題になっていない。
たしかに日本ではcPanelは普及率が壊滅的に低い。

ただ、1年ちょっと前に「Plesk」の大幅値上げが先行してあったようだ。
https://www.1strentalserver.com/modules/news/index.php?page=article&storyid=92
Pleskライセンスの価格改定について

平素は1stレンタルサーバーをご愛顧賜り誠にありがとうございます.

この度、VPS/専用サーバーでご利用いただいているサーバーコントロールパネル
「Plesk」につきまして価格改定を行いますので、下記の通りご案内申し上げます。

今回の改定の背景には提供元のPlesk社から大幅な値上げの実施があり
価格改定が当サービスの事業採算性に与える影響が大きく
大変遺憾ではございますが価格改定をさせていただくこととなりました.

Plesk10(web admin) 500円/月→ 1500円/月
Plesk30(web pro) 900円/月→ 2500円/月
Plesk無制限(webhost) 1800円/月 → 3500円/月

当社ではcpanelをお勧めいたします。
pleskでは有料オプションである多言語パック,WAF,postgresql等が標準で利用可能で
1800円/月 無制限ドメインが利用可能となっております。またサポートも安定性も優れており世界でもっとも採用されているコントロールパネルです.

■適用開始日
2018年5月1日 9時
(ここまで)

--- では、本家ではどうなのだろう?
まず、 https://www.buycpanel.com/ では値上げは反映されていなかった。
次、本家。
あれ? 見た目変化がない。価格も、だ。いや、違うな。
見た目の変化を押さえて、こっそり料金体系を変えていあがる。

Solo 1 Account $15 monthly
Admin Up to 5 Accounts $20 monthly
Pro Up to 30 Accounts $30 monthly
Premier Up to 100 Accounts $45 monthly Each Account above 100 Accounts $0.20 each

Up to 100 Accountsだって?
100アカウントを超えると、1アカウント毎に0.20ドル
これか!

ここであらためて旧料金(月額)。
VPSライセンス $14.95(BuycPanelの料金。たしか本家では20ドルではなかったか)
専用サーバーライセンス $34.95(BuycPanelの料金。たしか本家では45ドルではなかったか)
たしかに信じ難いレベルでの値上げだ。お客さんの多いホスティングプロバイダーなら、ネ(値ならぬ音)を上げる。

この後、秀逸な記事を見つけた。
https://magehost.com/blog/cpanel-price-rise-impact-solutions/
cPanel Price Rise: How Will this Massive Increase Impact You?
Sakshi Behl著。
日本語訳:cPanelの値上げ:この大幅な値上げはどのようにあなたに影響を与えるのでしょうか?

(現時点での感想)
cPanel側の考えたことがわかる。
ホスティングプロバイダーに対して、おまえたちにだけ儲けさせてなるものか!
と、cPanelは考えた。

cPanelはホスティングプロバイダーの利益を奪って、自分のものにしようとしたのである。
もし、ホスティングプロバイダーが不当に利益を得ていたり、充分過ぎるほど儲かっていると言うのなら、これはこれでありだったろう。しかし、そうではないのである。
問題は、ホスティングプロバイダーという業界が非常に強い競争に常にさらされていることだった。既にかなり以前から、過当競争に陥っている。
彼等は大量の顧客を抱えるようになって初めて、薄利を手に入れるのである。
また、大量の顧客なしでは成り立ち得ない業界なのだ。
競争は苛烈である。

ホスティングプロバイダーという業界とは、そういう業界だったのだ。
したがって、そういう相手の利益をかすめ取ろうとする行為は、殺人的である。
つまり、cPanelは自分の顧客を殺そうとしている。
おそらくcPanelには、計算が成り立っているのだろう。
結果として、自分たちの取り分が増える、と。
その間にホスティングプロバイダーがいくつ消滅しても関係ないというわけだ。

そうだからこそ、あらゆるホスティングプロバイダーがcPanelに反発しているのだ。

Sakshi Behlは言う。
「cPanel、WHMCS、SolusVM、およびPleskは同じ傘下にあります - The Oakley Investment。」
Oakleyという会社は、いったいどういう会社なのだ?

ドトール、
GMO、
ペイパルに引き続いて、
大企業が無理を通す様を間近で見ることになった。(今回は直接契約はないのだが・・・)

世の中ずいぶんと荒れて来たものだ。しかも、この変化は、ここ1〜2年のうちに急激に起こったように感じる。

Oakley Capitalについて、調べてみた。
Oakley Capital Investments Limited | Private Equity Investments
https://oakleycapitalinvestments.com/
株価
241.95 P
+2.95 AT 14:40 ON 10/07/2019
とある。上場企業か!
最近の特徴は、上場企業が「悪」であることを露見するものが多いな。

AIM上場企業であるOakley Capital Investments Limitedは、Oakley Capital Private Equityファンドへの投資および共同投資の機会を通じて、投資家に長期の資本増価を提供することを目指しています。

・・・。Oakley Capital Private Equityファンドへの投資? いや、その前に。

AIM上場 とは
用語集:AIM市場 1995年に英ロンドン証券取引所(LSE)が創設した新興企業向け市場の名称。 成長企業とプロの投資家のニーズを満たすよう設計された柔軟な規制体系の枠組みの中で、機関投資家や上場企業などプロの投資家だけに参加者を限定していることが特徴です。

https://chikawatanabe.com/2006/06/21/aim/
イギリスAIMは上場のオフブロードウェーです.html

Oakley Capital Investments Limited(“ OCI”)はバミューダ諸島に会社番号40324を持って登録されています。登録事務所:3階、Mintflower Place、8 Par-la-Ville Road、Hamilton HM08、バミューダ。
(取締役会のページより。ちなみにバミューダは有名な租税回避地だ)

Oakley Capital Private Equityファンドへの投資の続き。
こういうやりかただと、Oakley Capital Private Equityファンドが結局ブラックボックスになるんじゃないの?
かつて、ヘッジファンドは、投資家と直接つながり、自力でカネを引き出す(投資させる)力を持つ者がなった。それだけの力のないやつが、まっとうな株式市場経由でカネを集めるスキームに見える。これって、マズイんじゃないの?
なぜ、こんな会社を上場させたんだ?(ここは証券取引所のモラルが問われる場面だ)

ついでにソロスも調べてみた。(ここから、しばらく脱線)
どうやら、まだ現役だったみたいで、こんな記事を見つけた。

「これまでにない危険」著名投資家のジョージ・ソロス氏、中国を痛烈に批判 ...
https://www.businessinsider.jp/post-183960
2019/01/26 - ビリオネアの投資家でソロス・ファンド・マネジメントの会長、ジョージ・ソロス氏は、スイスで開催された世界経済フォーラムの年次会合(ダボス会議)でスピーチした。
ソロス氏は中国と習近平国家主席を非難し、聴衆に対し、この新興国家のせいで世界は「これまでにない危険」に直面していると警告した。

(先行指標ではある。トランプが中国に対して、経済戦争を仕掛けたのは、ドルが下落した6月17日ごろ(ニュースからではなく、ドル下落から逆算したので日付は大雑把)の話だ。イラク侵略といい、アメリカは今やとんでもない国だ)

あいかわらず権力者の手先みたいなことやってんなあ! びっくりしたわ!
「あいかわらず権力者の手先」とは、どういうことかというと、
ソロスが東欧民主化を言い出した時に、いろいろ考えた末、俺は英国が最終バックなのだと結論付けた。

そして、あらためて権力者も権力者に媚びを売って権力者の仲間入りをする奴も、ダーティだと思った。

余談だが、こういう連中をダーティだと感じる俺のセンスでは、なるほど俺が権力者になれなかったわけだ。
と、あらためてそう思う。しかし、それでいい。
ヤツ等の仲間入りなんてしたくないからだ。
話がそれちゃってる・・・。

株主報告書を見てみよう。22頁であっさりと触れられている。

The WebPros Group comprises two of the most widely-used web hosting automation software platforms, simplifying the lives of developers and web professionals the world over. WebPros Group, encompassing cPanel and Plesk, is the leading software as a service (“SaaS”) platform for server management globally.Both cPanel and Plesk are software solutions that automate server-related tasks for hosting providers and web professionals. These hosting control panels provide intuitive web interfaces that allow customers to administer every facet of their websites simply and conveniently, allowing developers to focus on creating web applications and websites. 2018 has been a transformative year for Webpros, having acquired cPanel and SolusVM during the period.
(Annual-Report-2018 P22(表紙2枚を含めPDFで24頁目))

WebProsグループは、最も広く使用されている2つのWebホスティング自動化ソフトウェアプラットフォームで構成されており、世界中の開発者やWeb専門家の生活を簡素化します。 cPanelとPleskを網羅するWebPros Groupは、サーバー管理のためのグローバルなサービスとしての有力なソフトウェア(「SaaS」)プラットフォームです。 これらのホスティングコントロールパネルは直観的なWebインターフェースを提供し、顧客は自分のWebサイトのあらゆる側面を簡単かつ便利に管理でき、開発者はWebアプリケーションやWebサイトの作成に集中することができます。 2018年は、この期間にcPanelとSolusVMを買収したWebproにとって変革の年となりました。

WebPros?
https://oakleycapital.com/portfolio-company/webpros/
グループ会社の名称? 単に部署名かも。
Pros自体が意味のある英語なんじゃないか?
Google翻訳に突っ込んでみると、Pros単体で、「長所」と出た。

まあ、それはいい。この会社Oakleyがやってることって、一部の投資家を儲けさせはするが、産業を破壊しようとしてるよな。
それじゃ、ダメだろ!
20190710

ここで周辺調査。
7月11日調査分
cPanel_買収当時のニュース 20180820


7月12日調査分
cpanel移行関連の調査(雑)


特定のプラットフォームに依存していたことが問題だ、という意見があるかもしれない。
フリーソフト/オープンソースでやるべきだったのだ、との意見もあるかもしれない。
俺はそうは思わない。

回避する方法などなかったのだ。
なぜならば、
OakleyはPlesk、SolusVM、WHMCSを買収し、最後にcPanelを買収してきたからだ。
そして、OakleyはPleskでまず実地調査をやっている。(2018年5月頃)
その上での、今回だ。

これが支配でなくてなんだというのだ?

つまり、cPanel値上げを一企業の単なる値上げだと考えるのは甘すぎるということだ。
20190712

インターネット・ソーサエティはBBの存在を許さない!
20190714

追記
8月1日、BuycPanelが新価格を発表。
20190802

タグ:OAKLEY cPanel
posted by ユニブロ at 22:02 | 東京 ☁ | Comment(0) | cPanel値上げ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。