2013年04月11日

Windows grep 正規表現

Windowsでgrepが使いたいと思った。



しかも、正規表現が使えるほうが望ましい。



ディスク内を見てみると、jgrep205というツールがあった。



readme.txtを読んでみたが、イマイチ使い方がよくわからなかったので、

コマンドラインから使おうとしてみたところ・・・



GUIが起ち上がった。



ぬぬっ!



GUIだったんかいっ!



と思って、使おうとしてみたが、どうも使い勝手がよくない。



というより、必ず「検索ディレクトリ」というものを指定しないといけないようだ・・・



なんだ、「検索ディレクトリ」って?

オプションならともかく、必須?

意味がわからん!



たぶん、以前にも使おうとして挫折していたから、ディスクの肥やしになっていたんだろうと思った。





ということで、

Windows grep 正規表現

でぐぐってみた。



ところが・・・



いやはや、あるじゃないの。



さ〜すがあ。



一番上のヤツは見ずに3番目のこれを見てみた。



http://experiment.blog.so-net.ne.jp/2010-01-24



とりあえず、たどってみると

http://experiment.blog.so-net.ne.jp/2009-02-03



Sygwinからの移植モノらしい。



で、※追記 2010/02/19 現時点での入手先は http://sourceforge.net/projects/unxutils/ からどうぞ。

の記述の通り、たどってみて、ダウンロード。



インストール方法が書いてない。



解凍してみると、usr と bin と readmeに相当するらしきHTMLファイルが2つほどあった。



readmeを読んでみたがイマイチ意味がわからず、とりあえず、usr と binとをCドライブのルートに移動して、C:\usr\local\wbinにパスを通してみた。



うーん。XPでのパスの設定ってどこだったかしらん?



と、テキトーにパスを通してみて、コマンドライン(DOS窓のこと)からGREPと叩いてみる。



ダメみたいだ。



ま、再起動してみましょ。



ってなわけで・・・



再起動後。







>grep

Usage: grep [OPTION]... PATTERN [FILE]...

Try `grep --help' for more information.





おお!

見事に使えるじゃないかあ!!



しかも、ありがたいことに日本語でgrepが出来る。



こりゃ、良い拾い物をしたわい。



コマンドラインを使うのがイヤじゃない人は、

GNU utilities for Win32を使うと良いぞ!






「ユニブロのITマネージメント実験室」のトップに戻る

posted by ユニブロ at 17:25 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック