2012年06月02日

ワードプレスのインストールディレクトリを変更する。

課題:

ドメイントップの場合に特に問題になるのですが、

URLに対するトップページの第一階層にファイルが増えすぎるとうんざりしますよね?



この解決は実はチョー簡単です。



条件は、以下を実現する、です。

ワードプレス本体のインストールはディレクトリ配下。

トップページ(=ディレクトリなしのという意味)でワードプレスを表示。

上記をアンド条件で実現したかったわけです。



表現を変えれば、URLの第一階層を普通にワードプレスにしておきながら、

インストールは下層の(もしくは別の)ディレクトリにするということです。



タイトルの

ワードプレスのインストールディレクトリを変更する。

はピンと来ない方が多いと思われます。



これは、

URLのトップページをワードプレスにするためには、

ワードプレス本体のインストールディレクトリを、

URLのトップページにポイントされたディレクトリにインストールしなければならない

というのが、ワードプレスのデフォルトだということを知っていなければ、

そんなの、何が大変なの? と言った感じだと思います。



で、このワードプレスのデフォルトで運用すると、最初に挙げた課題のようになるのです。

ファイルの数があんまり増えてくると、うざいです。

特に、ユーザーが触らないファイルがいっぱいあると、お目当てのファイルにたどり着くのが大変になってきます。



これが背景にある不満でした。



さて、これを解決するためのTIPSは、



実はWordPress Codex 日本語版に既に記載されていました。



以下はその実践記です。

(前書き終わり、以下やっと本編)



1.とりあえず、ディレクトリ掘って(例:http://example.com/wp)、普通にインストールする。



2.管理パネルで 設定 > 一般設定パネルを開く。

WordPress のアドレス (URL): http://example.com/wp

 <−こっちはいじらない。



# サイトのアドレス (URL) 欄を、ルートディレクトリの URL に変更する。例:

ブログのアドレス (URL): http://example.com



3.変更を保存をクリック。

 (エラーは出ませんでした)



4.WordPress ディレクトリにある index.php と .htaccess ファイルを、手順 4 で設定したサイトのルートディレクトリ(「サイトのアドレス」)へコピーする(移動ではなくコピーすることに注意)。



註!

3の後、.htaccessを作るために、パーマリンク設定(※)してみましたが、.htaccessは自動では作成されませんでした。

結果として、.htaccessはコピーしなくても、以下を続けた後、正常に

ワードプレス本体のインストールはディレクトリ配下。

トップページ(=ディレクトリなしのという意味)でワードプレスを表示。

は実現できていました。



5.ルートディレクトリの index.php ファイルをテキストエディタで開く。

# 次の修正を行ない、ファイルを保存する。



修正前:

require('./wp-blog-header.php');



修正後: WordPress コアファイルの新ディレクトリ名を使います。

require('./wp/wp-blog-header.php');



6.新しい URL からログインする。例えば http://example.com/wp/wp-admin/ など。





※ パーマリンク設定は以下のようにしました。

/%category%/%postname%.html





この記事は、WordPress を専用ディレクトリに配置する

http://wpdocs.sourceforge.jp/Giving_WordPress_Its_Own_Directory

の実践日記として書きました。






「ユニブロのITマネージメント実験室」のトップに戻る

posted by ユニブロ at 13:47 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/273144621
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック