2010年11月18日

日本語変換FEPであるIMEのユーザー辞書の移行

前提:旧ディスクが丸ごと残っているとする。

1.IME辞書ツールを開く
2.「ツール」メニューをプルダウンして、「MS−IME辞書からの登録」
3.選択ダイアローグがフローティングウィンドウで開くが、ここで困るのは、現在利用中のIMEのデータがデフォルトになっていることだ。

そこで、データのありかを示す。

Windows2000の場合:
旧ディスクの\Documents and Settings\Administrator\Application Data\Microsoft\IME\IMEJP

WindowsXPの場合:
C:\Documents and Settings\hajime\Application Data\Microsoft\IMJP9_0
(「Application Data」は隠しフォルダになっているが、ダイアローグからはアクセス可)

posted by ユニブロ at 12:17 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 技術メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/169805054
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック